Home > News

News

2017年4月 新年度スタート
11名の卒業研究学生が新たに加わり、新年度がスタートしました。

2017年3月28-30日 日本生物学オリンピック第1回特別教育
夏に実施される国際生物学オリンピック(イギリス大会)に日本代表として出場する高校生らとともに、実験実習を行いました。GFPやYFPを発現する大腸菌の抽出液の蛍光スペクトルを測定し、同時にそれらのもつ蛍光タンパク質遺伝子をPCRにより検出しました。

2017年3月24日 卒業式・修了式
石神さんが修士の学位を取得し卒業しました。
11名が卒業研究を終え卒業しました。
Gakui Syugo

2017年2月20日 卒業研究発表会
12名の卒業研究生が発表しました。

2017年2月20日 修士論文発表会
修士課程大学院生の石神さんが発表し、見事プレゼン優秀賞を獲得しました。
Best Presen

2016年11月 The 22nd International Congress of Zoology @Okinawa, Japan
石神、箕浦が研究発表しました。

Intl Meeting Zool 2016

2016年10月 EMBO conference on Cilia2016 @Amsterdam, the Netherlands
箕浦が研究発表しました。

Cilia Meeting 2016

2016年8月 中央大学サイエンスセミナー
中学生・高校生9名が参加し、「いきものを動かすエネルギー「ATP」」というテーマでクラミドモナスの細胞モデルの実験を行いました。細胞モデルの観察のために、学科内からパーツをかき集めて暗視野顕微鏡を5台設置。大学院生、4年生とOBもティーチングアシスタントとして協力してくれました。
  サイエンスセミナーの様子(中央大学のサイト)
  パンフレット(pdf形式)

2016年4月 新年度スタート
12名の卒業研究学生が新たに加わり、新年度がスタートしました。

2016年3月24日 卒業式・修了式
柴崎君が修士の学位を取得し卒業しました。
8名が卒業研究を終え卒業しました。

2015年2月20日 卒業研究発表会
8名の卒業研究生が発表しました。

2015年2月19日 修士論文発表会
修士課程大学院生の柴崎君が発表し、見事プレゼン優秀賞を獲得しました。
Best Presen

2015年6月15日 植木さんがOM賞を受賞しました。
共同研究員の植木紀子さんが平成27年度日本動物学会女性研究者奨励OM賞を受賞しました。
研究テーマ「ボルボックス目の鞭毛運動から探る環境応答行動のしくみと変遷」
おめでとうございます!

2015年4月 新年度スタート
9名の卒業研究学生が新たに加わり、新年度がスタートしました。

2015年3月24日 卒業式・修了式
小泉君、内藤君、長堀君が修士の学位を取得し卒業しました。
9名が卒業研究を終え卒業しました。

2015年2月21日 卒業研究発表会
9名の卒業研究生が発表しました。

2015年2月20日 修士論文発表会
3名の修士課程大学院生が発表しました。

2014年12月 冠木君撮影のボルボックスの動画が Olympus BioScape 2014 Competition で Honorable Mentions を受賞しました。
B4の冠木健太郎君による、ボルボックス(Volvox rousseletii )のインバージョンの様子をライブ撮影した動画が、Olympus BioScape 2014 Competition で Honorable Mentions (佳作)を受賞しました。
Olympus BioScape Competition とは、世界的な光学機器メーカーであるオリンパスが主催するデジタルイメージングの国際コンクールです。
この画像は、同社のウエブサイトに1年間トップ掲載されるほか、アメリカ国内の大学、研究機関や科学博物館を巡るエキジビションツアーにも採用されています。


Inversion

2014年8月 オープンキャンパスが終了しました。
9日、10日はオープンキャンパスでした。多くの皆様のご来場ありがとうございました。
箕浦研究室では、M1とB4メンバーが中心になって共焦点レーザー顕微鏡室にて研究室公開を実施しました。ボルボックスやクラミドモナス、ハリタイヨウチュウを実際に顕微鏡で覗いていただき、それらの運動や分化について、私たちが行っている研究を紹介しました。
また、10日には模擬授業「相手の遺伝子を操って感染する微生物の巧みな戦略」を行いました。一般の方に理解していただけるよう、なるべく専門用語を使わずにお話ししたつもりですが、難しかったかもしれません。それでも少しでも興味を持っていただけたら幸いです。
研究室の卒業生もたくさん訪問してくれました。どうもありがとう。

Open Campus 2014

2014年4月 新年度スタート
9名の卒業研究学生が新たに加わり、総勢16名で新年度がスタートしました。事前学習として、「Molecular Cell Biology, 7th ed., Lodish et al. (2012)」の「Chapter 17: Cell Organization and Movement I: Microfilaments」と「Chapter 18: Cell Organization and Movement II: Microtubules and Intermediate Filaments」の輪読を始めました。

2014年3月24日 卒業式・修了式
里村君、島田君、牧野君、増田君が修士の学位を取得し卒業しました。
8名が卒業研究を終え卒業しました。

2014年2月22日 卒業研究発表会
8名の卒業研究生が発表しました。

2014年2月19日 修士論文発表会
4名の修士課程大学院生が発表しました。

2013年9月 日本動物学会第84回大会 @岡山
増田、箕浦が研究発表しました。

Annual Meeting Zool 2013

2013年8月 Second International Volvox Conference @Fredericton, New Brunswick, Canada
植木、箕浦が研究発表しました。

Volvox Meeting 2013

2013年7月 PCR プライマー設計ツール
ボルボックス目のゲノムはGC含量が高く、PCRの際にそれなりの工夫が必要です。岩舘先生のご協力により、私たちの研究に欠かせないいくつかのツールを作成しました。
「研究ツール」参照

2013年4月 新年度スタート
ドイツから帰国した植木さん、9名の卒業研究学生、1名の修士課程大学院生が新たに加わり、総勢19名で新年度がスタートしました。

Volvox

2013年3月24日 卒業式・祝賀会
卒業論文もようやく全員完成し、無事卒業の日を迎えました。

2013年2月22日 卒業研究発表会
9名の卒業研究生が発表しました。

2013年2月 勉強会開始
2013年度卒業研究学生として箕浦研に9名が配属されました。事前学習として、 「Molecular Biology of the Cell, 5th ed., Bruce Alberts et al. (2008)」の 「Chapter 16: The Cytoskeleton」の輪読を始めました。